[JS] 前書き

タグ :

サイトを作成する中で、どうしてもこの処理は JavaScript でなければ難しいということが多々あります。
JavaScript はそんなに難しいものでは無いという感覚でいたのですが、サイト内で使用した「audio.js」をちらっと見たところ、さっぱりでした。
部分部分のコードは理解出来ても、全体的な処理の流れが把握できていないことがさっぱりの原因です。
一から勉強し直すことにし、その備忘録を残していきたいと思います。

JavaScript

Webページを作成するのに必要なものとして、クライアント・アプリケーションとサーバ・アプリケーションがあります。
JavaScript はクライアント・アプリケーションに位置付けされます。

js_img001

JavaScript の役割としては、Webページを表示した後の内容やスタイルを変更したりするような「動き」を持たせることです。
Webブラウザの種類によって対応している部分が異なることがあり、それぞれにうまく対応させるためにはかなりの技術が必要です。

jQuery

最近では jQuery というものがあるらしく、ソースコードを見てみました。
普通の JavaScript や PHP のコードとはやや違いが見受けられます。
関数の中に関数が入っていたり、メソッドチェーン?なのかは分からないですが、非常に理解し難いコードだと思いました。
基礎から勉強し直す必要がありそうです。。。

ですが、使い方としては非常に簡単です。
jQuery のサイトから「jquery-X.X.X.min.js」( X はバージョン)をダウンロード、もしくは直接読み込ませるという方法でライブラリを使用できるようになっています。

[ jQuery のメリット ]

Webデザイナーとしてのメリット
● CSS セレクターが使える
● CSS プロパティなどの追加・変更が容易
● アニメーションや演出効果の記述がシンプル
● UI が充実
プログラマとしてのメリット
● ライブラリ自体が軽量
● 処理のシンプル化
● プラグインが充実

また、jQuery を使用すれば、ブラウザの違いによる動作の違いが無くなるように配慮されているので、ブラウザの違いを気にすることなく開発することができます。

jQuery の大きなデメリットとしては、JavaScript とはもはや違う言語となってしまっている点です。
JavaScript を習得していても jQuery のコードが理解出来ないという人も多いと思います。
プログラマーでないデザイナーさんにも使えるような簡単になっている、ということを耳にしますが、多少の勉強は必要です。

HTML ファイル内で jQuery を利用するには以下のコードが必要になります。
サイトから直接読み込む方法です。

<html>
<head>
<script src="http://code.jquery.com/jquery-1.9.1.min.js"></script>
</head>
<body>
〜 省略 〜
</body>
</html>

内容

書いていく内容ですが、まずは jQuery の基礎から始めようかと思いますので、基礎的内容を記述していくつもりです。
慣れてきたら何かサンプルとなるアプリケーションやらを作っていけたらな、と思っています。

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

コメントを残す

*がついている欄は必須項目です。

  • Twitter
  • Facebook
  • Google Plus
  • RSS Feed