[EC-CUBE] インストール

タグ :

現在、ショッピングサイトを作るのは簡単にできると言われています。
専用のツールが用意されているので、インストールしてマニュアル通りに設定するだけで出来てしまうらしいです。

というわけで、人気の高い「EC-CUBE」というプラットフォームを使ってみようと思います。
その中で、さくらインターネットサーバへインストールするのに、かなり手こずってしまったのでまとめてみます。

インストール手順

1. データベースを作成
データベース名 : eccube_db
データベースユーザー名 : eccube_user
パスワード : xxxxxxxx
 ※名前は適当でいいです。
 ※ユーザーにはphpMyAdminの「特権」にて操作権限を与えておきます。
2. サイトからダウンロード
EC-CUBEサイトからダウンロードします。
今回ダウンロードしたバージョンは「2.12.2」でした。
解凍すると以下のフォルダが取得できます。
  • COPYING
  • data
  • docs
  • html
  • test
使用するのは「dataフォルダと」「htmlフォルダ」のみです。
3. サーバーへアップロード
FTPソフトを使います。
まずはアップロードするフォルダを作成しておきます。
ドメイン直下へ「shop」というフォルダで作成します。(名前は適当でいいです。)

「dataフォルダ」と「htmlフォルダの中身」を「shop」直下へアップロードします。
/ドメイン名/shop/data
/ドメイン名/shop/(htmlの中身)
4. define.phpの変更
アップロードした define.php の先頭の方にある「HTML2DATA_DIR」の内容を「../data/」から「/data/」へ変更します。
define('HTML2DATA_DIR', '/data/');
5. .htaccess ファイルの変更
アップロードした .htaccess ファイルの全ての行をコメントアウトします。
コメントアウトは行の始めに「#」を追記することでできます。
6. php.iniを編集
さくらのコントロールパネルで「PHP設定の編集」をクリックし、「php.ini 設定ファイル編集」という箇所へ「magic_quotes_gpc = Off」を追記して保存します。
以下を参照してください。
eccube_install_sakura
7. パーミッションを変更
/shop/フォルダ以降のパーミッションを全て「755」か「705」に変更します。
パーミッションの変更は、フォルダ上で右クリックし、「情報」を選択します。
以下の画面が開くので、値を変更します。
eccube_install_permi
全てのフォルダを変更させるには「内包している項目にも適用する」をクリックします。
少々時間が掛かっちゃいます。
8. ブラウザでアクセス
ブラウザにて「http://ドメイン名/shop/install/」へアクセスします。
以下の画面が表示されれば成功です。
eccube_install_1
続いてインストールを実行します。
  1. アクセス権限のチェック
  2. 必要ファイルのコピー
  3. ECサイトの設定。
  4. データベースの設定
  5. データベースの初期化
  6. サイト情報について
  7. 管理画面ログイン

基本的に「次へ進む」を連打で大丈夫だと思いますが、「5.データベース設定」では以下のように前述で作成しておいたデータベース情報を入力します。
また、DBの種類には「MySQL」を選択します。
eccube_install_3

これで EC-CUBE を使えるようになったはずです。

ふー、インストールだけでこの量か。。。
一旦休憩だな。。。

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

コメントを残す

*がついている欄は必須項目です。

  • Twitter
  • Facebook
  • Google Plus
  • RSS Feed