[CakePHP] 小ネタ2

タグ :

CakePHPの小ネタシリーズの第2段です。
知っていて当然というものばかりですが、覚え書きということで。。。

[faviconの設定]

CakePHPのデフォルト以外のfaviconを使用する場合、以下のコードの入力だけで簡単に変更が可能です。

<?php echo $this->Html->meta('icon', '/〜/favicon.ico'); ?>

「〜」にはfavicon.icoを保存してあるディレクトリを入力します。
webroot内のimgフォルダに保存してある場合は、

(サイト名)/app/webroot/img/favicon.ico

とすればOKです。

[グローバルな定義]

CakePHP内全体で使用できるグローバルな定数・変数を定義するには、「app/Config/bootstrap.php」に記述しています。

[定数]

定数の定義は普通と同じ記述で良いです。

define('SAMPLE', 'サンプル');

自分はサイト内のリンクパスや、webrootなどのフォルダパスは全て定数にしています。
フォルダ名に変更があった場合には、定数部だけを変更すればよいので便利です。

また、
プログラム内の処理部では文字列を起用せず、全て定数として保持させておくことで、その固定の文言が変更になった場合に、定義部だけを変更すれば簡単です。
が、定数だらけだと訳が分からなくなってしまうのでオススメはしません。

[配列]

配列などの定義は以下のように記述します。

Configure::write('ga_sample', array(
   1 => 'サンプル1',
   2 => 'サンプル2',
));

また、定義した変数をコントローラなどで読み込む時は以下のように記述します。

$sample_data = Configure::read('ga_sample');

自分は使うと便利だと思うところが今のところ無いので使っていません。

使い所といっても、ページ間での値の受け渡しなどだと思いますが、今のところページ間の値の受け渡しにはURLパラメータを使っています。
パラメータでは渡し切れないくらいのデータ量になれば使うようになるかもです。。。

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

コメントを残す

*がついている欄は必須項目です。

  • Twitter
  • Facebook
  • Google Plus
  • RSS Feed