[CakePHP] エレメント

タグ :

CakePHPの基礎をまとめるシリーズです。
今回はMVCのビューの拡張機能「エレメント」についてです。

エレメントとは

レイアウトやビューフォルダで表示する内容を細かく部品化したい場合に、その部品化した表示内容を記述しておき、そのファイルを呼び出すことで、複数ctpファイルの表示を実現するという機能です。
つまり、ヘッダやサイドバーで表示する内容はどのページでも使い回しがしたいので、一つのファイルとして保存しておきたい場合、エレメントとして保存しておけば利用できるということです。

CakePHPでは、複数ctpファイルの呼び出しは、このエレメント以外ではできないので、重宝する機能です。

使用方法

使用方法は以下になります。

1.「/View/Elements/」内へ部品化するctpファイルを保存
2. 呼び出し元のctpファイル内で、以下を記述
<?php echo $this->element('ファイル名', パラメータ); ?>

「パラメータ」には受け渡したい値を設定できます。
「$this-set()」と同じような形で値を受け渡すことが可能です。

さらに、このエレメントはコントローラでセットした変数も利用可能です。

補足

エレメント以外にも他ファイルの呼び出しができる機能として、

<?php echo $this->extend('ファイル名'); ?>
がありますが、呼び出し元ファイルを上書きしてしまうので、複数ファイルを表示させることはできません。

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

コメントを残す

*がついている欄は必須項目です。

  • Twitter
  • Facebook
  • Google Plus
  • RSS Feed